結婚後はどうする?婚約指輪のその後について

婚約指輪を買わない人も増えている

ライフスタイルの変化や不況などの影響からか、婚約指輪をそもそも購入しないというカップルも増えてきているのが現状です。授かり根や若いうちの結婚で、婚約指輪を購入する余裕がなかったり、そもそも指輪自体に興味がないなんて人もいたりしますね。その中でも特に多いのは、婚約指輪を買ったところで結局は使わないからという意見ですね。婚約指輪は結婚指輪と違って、いつも身に着けておくものではなく、結婚後はしまってしまうというケースが多いものなのです。

婚約指輪はどんな時につけるか

結婚指輪が基本的に常に付けておくのとは違って、婚約指輪の場合は婚約中か、あるいはとてもフォーマルな舞台でしか付ける機会のないものです。冠婚葬祭だとか親戚一同で集まるときや、子供の晴れの舞台、同窓会や特別な食事会など、その用途は結構限られていると言えるかもしれません。婚約指輪は豪華なダイヤがついていたりなど、そういうフォーマルな舞台には相応しいかもしれませんが、日常使いにはちょっと適さないという部分があるのは事実ですね。

婚約指輪も日常使いで

とはいえ、フォーマルなぶ代でしか付けられないというのは、せっかく高価なものを持っているのにちょっともったいないような気もしますよね。婚約指輪も結婚指輪のように日常的に使いやすいデザインのものもあったりしますよ。結婚指輪と一緒に婚約指輪を付けているという人もいたりします。もちろん、そういう場合は、あらかじめ婚約指輪と結婚指輪のデザインをお揃いのものなどにして置いて、二つ付けていても違和感のないような仕様にする必要はあるかもしれませんね。

婚約指輪のルールや決まりごとは特にありません。長く大事にできることが一番大事な決まりごとになります。