これで完ぺき!結婚式で知っておくべきマナー洋服編

おしゃれをすればいいというわけではない女性の服選び

結婚式に招待された場合、女性の服装は花嫁の衣裳である白と色がかぶらなければ、どのような服を着ても問題ないと考えている方もいるかもしれません。ですが実際には、様々なマナーが存在しています。例えばスカートの丈が短かったり、肌の露出が多い服はふさわしい洋服とは言えません。またあまりも派手な服は、主役よりも目立ってしまうこともあるので、避けるのが無難です。だからといって、カジュアルすぎる服装は逆に目立ってしまうので、気をつける必要があります 。

スーツを着ればいいわけではない!?男性の服選び

男性が結婚式に招待された場合、とりあえずスーツを着ればいいと考えている人も多くいるのではないでしょうか。ですがスーツはスーツでも、ビジネススーツの場合には、場違いとなってしまうこともあります。仕事に行く時と同じスーツを着るのではなく、お祝いの場にふさわしいスーツを選択することが大切です。もちろん女性の場合と同様に、新郎よりも目立つ服装で参加することがないように注意するのも忘れてはいけないポイントです。

靴やバッグは何を選ぶ?小物関連のマナーとは

結婚式へ招待された時の服装関連のマナーで忘れてはいけないのが、靴やバッグなどの小物の選択です。お気に入りのサンダルやブーツでも問題ないと考えている人もいますが、サンダルやブーツはマナー違反となります。つま先が出ている靴もNGなので、注意して靴を選ぶ必要があります。またバックに関しては、素材にも注意する必要があります。結婚式へ行くのにふさわしくない素材だと、周りから白い目で見られることもあるので、素材まで確認してバックを選ぶことが大切です。

白金の結婚式場ならば、ホテルウェディングからゲストハウスまで、さまざまな挙式スタイルを選べますからおすすめです。