意外と知らない!?結婚指輪の基礎知識とは

結婚指輪と婚約指輪の違いって?

結婚する場合、女性は結婚指輪と婚約指輪を貰うのが一般的ですよね。しかしこの2つの違いがよく分かってないという人も多いでしょう。婚約指輪は男性が女性にプロポーズする時に送る指輪であり、お給料の3か月分などと言われていますよね。そして結婚指輪ですが、これは夫婦になる2人がお揃いで身に着ける指輪の事であり、左手の薬指につけます。結婚の証のため常に見につけるものであるため、大きな宝石などがついていないシンプルな指輪が多いのです。

結婚指輪はなぜ左手の薬指?

結婚指輪は左手の薬指に身に着けるのが一般的ですが、しかしどうして左手の薬指なの?と疑問に思う人もいるでしょう。これは左手の薬指と心臓は太い血管でつながっていると考えられており、命をかけて愛を誓うという意味があるのです。これは古代ギリシャ時代から始まった習慣だと言われているのですよ。この習慣が現代でも残っており結婚指輪と言えば左手の薬指というのは誰でも知っていますよね。そのため左手の薬指を見れば既婚者かどうか判断できるようになっています。

結婚指輪はどのような指輪がいいの?

結婚指輪は夫婦がペアで常に身に着けるものなのであまりにも高価であったり、大きな宝石がついていると傷がついてしまう心配があります。そのため多くの人がシンプルな指輪を選んでいるのですよ。人気が高い素材がプラチナであり、小さな宝石が埋め込まれているデザインが多くあります。また指輪の裏側には2人の記念となる言葉を刻んだり、裏に宝石を埋め込むなどのデザインもあるのです。他にも自分でデザインして作る人も多いのですよ。

結婚指輪は基本的には左手の薬指にはめる事が多いですが、これは左手が「信頼」、薬指が「愛情」の意味を持っている為です。